商品登録から店舗運営までの外注業務を全てシンプルズへ業務移管する事で人件費の削減、
外注費用の削減に成功しました。

平城商事株式会社
商品部グループマネージャー
友田篤史氏

課題

商品登録スピードアップと店舗運営(在庫・価格の調整)
DIY専門ECショップの乱立、大手家電量販店のDIY商品の取り扱いなど近年DIY業界の競争激化が著しい状況でどこまで商品登録に掛かる時間を削減し、ビジネスチャンスを広げる事が課題。
また、商品点数の急増による商品ページの変更などのメンテナンス業務が増大し、社員の疲弊、業務圧迫により商品企画などの売り上げアップの施策が出来ない状況が続いた。

実施したこと

商品登録データ作成からモールへの登録までノンストップ

これまでの外注は独自のテンプレートに反映できなかったが、シンプルズは独自の仕様にも柔軟に対応し登録データを作成できる。そうする事により納品されたデータからすぐに登録へ移る事ができますので、登録業務のスピードアップ化に成功しました。

在庫の反映や価格の変更などのメンテナンス業務の効率化

シンプルズは10年以上EC業務に携わってきた会社が母体となっておりますので、ECに関する業務を熟知しております。多くの店舗様がお困りの商品の廃番や欠品、商品の価格変更にも対応する事が可能です。アカウントの情報を渡さずに、エクセルデータでの納品も可能ですので安心です。

売上アップの為のページ強化

「商品ページを強化したい」「ランキングを変更したい」などの売上アップの為の施策も現在自社ではなくシンプルズへ業務を移管しております。商品ページの構成を自社で考えて素材を渡すだけLPページが出来上がってくるので、作業員への負担も減り売上アップの施策に集中する事ができるようになりました。

その他、フェイスブックの運営代行、SEOキーワードの調整、イベントバナーの作成など多くの業務をシンプルズへ移管する事ができましたので日本の社員3名分に当たる人件費の削減に成功しました。